×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リキュールのベースとなる原酒

リキュールのベースとなる原酒

リキュールはベースとなる蒸留酒によって、同じ芳香性材料を使っても味や香り、口当たりなどが違ってきます。
リキュールのベースとなる蒸留酒について説明します。

 

・ブランデー:樽熟成されたブランデーと熟成期間が短い無色のもの2種類

 

・ラム:サトウキビの搾り汁を煮つめ砂糖を結晶させた後の糖蜜が原料。
 活性炭で濾過したライト・ラムと焦げ樽熟成のダーク・ラムの2種類

 

・ウイスキー

 

・キルシュワッサー:チェリーのリキュールのベース

 

・ジン:スロー・ジンのベースとしてジン原酒が使用される

 

・ウォッカ:トウモロコシ、小麦、大麦などの穀類、ジャガイモなどのイモ類が原料。
自由な使い方が出来る蒸留酒

 

・テキーラ:ブルー・アガべ(竜舌蘭)の茎を51%以上使用したものが原料

 

・中性スピリッツ:この中性スピリッツは原料に関係なく、アルコール95度以上で蒸留されたもので、純度の高いアルコール液体。
(ニュートラル・スピリッツとも呼ばれています。)

 

また、ウォッカやラム、テキーラーは中性スピリッツは一切混在してないと言われています。