×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

話題の和リキュール

話題の和リキュール

若い女性に人気の和リキュールをご紹介します。

 

和リキュールと言うのは、梅や杏子、ゆず、レモン、りんご、カボス、プルーンなどを焼酎や泡盛に漬けこんだ日本独自の製法で作られたもので、最近では、大手酒造メーカーとタイアップして作られた本格プルーンリキュールが話題となっています。

 

和リキュールには、宮崎産マンゴーや沖縄県産のパイナップル、山梨産の白桃、沖縄県産のシークァーサー、栃木産のとちおとめ、長野産のあんず、宮崎県産の金柑、高知県産のゆず、山口県産の夏ミカンなど各都道府県の特産品を原料として作られているものが多くなってきています。

 

和リキュールのほとんどは、焼酎に漬けるものが多いのですが、例えば、沖縄などでは泡盛に漬けむところがあります。

 

また、日本酒と果実を組み合わせた月桂冠株式会社の「ほろどけ」シリーズなどは、アルコール分を3%に抑え、日本酒が苦手な20代、30代の女性でも気軽にお酒を楽しみながら飲むことが出来るように工夫されています。

 

その他に変わったものとして、日本酒をベースにカカオを合わせた「真野鶴ココシュ」と言うものもあります。